ペット名刺はプロに依頼

ペット名刺はどういったものがあるのか。また、その作成方法がどのようなものなのか知らないという方もいることでしょう。ペット名刺に記載する基本的な内容は、犬や猫などのペットの名前、性別、写真などです。飼い主の住所や電話番号を載せてもいいですが、あまり個人情報を知られたくないならば、ブログや各種SNSのアカウントを載せておくと気軽にやりとりができておすすめです。また、マクロチップ番号などの載せておくと、迷子になった時にわかると便利です。

依頼ペット名刺は、自宅にパソコンとプリンタがあれば、自分で作成するのもいいでしょう。しかし、パソコンが苦手だけど、どうせならおしゃれで個性的な名刺を作りたい!というのであれば、名刺専門店にオーダーするのがおすすめです。ネットで探すとたくさんの名刺専門店があります。費用については、お店やデザインによって色々ありますが、だいたい写真つきで2,000円前後から依頼できます。それほど高くないですから、手軽に本格的な名刺を作成することができます。

ペット名刺は、通常のビジネスで使用する名刺とは違いますがら、遊び心のある個性的でおしゃれな名刺のほうが、渡す側も渡しやすいですし、受け取る側も気軽に受け取りやすいです。例えば、定番の長方形ではなく、ペットの型抜きをした名刺は、メッセージカードのようになります。いかにも名刺というのが苦手な方にはおすすめです。ネットを検索すれば、ペット名刺を専門としているお店はたくさんあり、テンプレートやデザイン例を見ることがきますから自分好みの名刺を作成してくれそうなお店を選びましょう。

〈関連リンク〉https://www.designmeishi.net/
ペット名刺も作成しているデザイン名刺.netです。

犬の急な診察も安心

犬急に愛犬の調子が悪くなった時やケガをした時、愛犬のつらそうな顔や悲しい声を聞くと胸が痛みます。犬は言葉を喋れないため、飼い主は、どこが痛いのかどうして調子が悪いのか判断できませんから、大事に至ることのないよう動物病院に連れてく必要がでてきます。しかし、夜間であれば、行きつけの病院ではなく、夜間救急を行っている病院に行く場合があります。命の危険など緊急を要する場合は、飼い主の気が動転してしまって、問診票に書くべきことを忘れがちです。そこで、ペット名刺に犬の情報を記載しておくと便利です。犬種や名前、生年月日だけでなく、病歴など記入しておくと初診であっても治療がスムーズです

また、犬にも食物アレルギーもしくは食物アレルギーの可能性があるとされています。そして、ワクチンなどのアレルギーがある場合もあります。事前に愛犬のアレルギーなどがわかっているようでしたら記載しておくと、薬や注射などのアナフィラキシーショックなどで命を落とすリスクも減らせますので安心です。そして、ペット名刺に病歴やアレルギーの記載しておくと、ペットホテルなどに犬を預けるときも安心です。なにか起こった時、飼い主の代わりに犬を病院へ連れていくことになる時にも名刺を渡せば、診察もスムーズです。

ペット名刺で友達作り

愛犬家であれば、犬の健康状態や成長、しつけなどで悩むことが多いと思います。そんな時、身近に犬友達がいると相談しやすいものです。また、愛犬家であれば、どんなに忙しくても毎日犬の散歩は欠かせません。犬の散歩の時に、よく会う人はいるけれど、犬の顔や名前しか知らなかったりして、なかなか友達になるのは難しいですよね。また、飼い主同士は、犬で飼い主を紐づけていることも多いですから、犬を連れていない時にばったり出会っても気付かない場合もあります。

名刺犬友達作りや近隣住民との交流に、ペット名刺はいい活躍をしてくれます。ペット名刺に入れる情報は、愛犬の写真、名前や性別、犬種、マイクロチップ番号、飼い主の名前、連絡先というものが多いです。連絡先は、住所や電話番号などの個人情報を入れる必要はなく、LINEなどのSNSのアカウント情報にしておくと気軽にやりとりができて友達になりやすいです。

そして、ペット名刺は、愛犬家のSNSやブログを通したオフ会でも大活躍します。オフ会は、他の参加者と親密になれるチャンスでもあります。犬用のお菓子や、マナーグッズなどの簡単なプレゼントにさりげなくペット名刺を添えて、参加者に渡すのもおすすめです。また、最近は、犬の散歩がきっかけで恋愛関係になって結婚した人も珍しくありません。愛犬家同士、趣味も合いますので、うまくいきやすいのは当然です。前々から気になってた人に、ペット名刺を渡すことで親密になれるかもしれません。ペット名刺は、友だち作りや婚活にも大活躍してくれますのでおすすめです。

ペット名刺の活用方法

「ペット名刺」というものを聞いたことがあるでしょうか。実は、最近、愛犬家同士のコミュニケーションツールとして話題です。気軽に作成できて、愛犬の自慢ができるアイテムとして人気があります。

散歩犬の散歩を毎日していると、同じように犬を散歩している人に出会うけれど、挨拶する程度だったり、犬を通じて会話する程度だったりします。また、マンション住まいや都会に住んでいると、なかなか近所の人との交流もありませんし、お互いどういった人なのかもわかりません。しかし、ペット名刺をきっかけに近隣住民や愛犬家と交流しやすくなります。また、犬友達が欲しい人は、愛犬家のSNSやブログを通したオフ会でも名刺は大活躍します。

ペット名刺は、ビジネスで使う名刺と違って、愛犬の名前や写真、年齢などの基本的な犬の情報に飼い主の連絡先の情報も入れておきます。例えば、犬が迷子になった時など、名刺を渡しておけば、犬を見つけてくれた人が連絡をくれるかもしれません。また、愛犬家同士のコミュニケーションのためだけではなく、病院やしつけ教室、ペットサロンやペットホテルなどでも活用できます。急に愛犬を病院に連れていかなくてはならなくなった場合など、愛犬の病歴などを入れておくと問診に書き漏れなどありませんので、診察がスムーズです。また、名刺に犬のアレルギー情報など記載しておくと、しつけ教室、ペットサロンやペットホテルなどでも簡単に注意点を伝えることができて安心です。

ペット名刺は自分でも作成できますが、プロに依頼すると安くて簡単でオシャレな名刺が作成できますのでおすすめです。このサイトでは、ペット名刺の魅力活用方法をご紹介します。