犬の急な診察も安心

犬急に愛犬の調子が悪くなった時やケガをした時、愛犬のつらそうな顔や悲しい声を聞くと胸が痛みます。犬は言葉を喋れないため、飼い主は、どこが痛いのかどうして調子が悪いのか判断できませんから、大事に至ることのないよう動物病院に連れてく必要がでてきます。しかし、夜間であれば、行きつけの病院ではなく、夜間救急を行っている病院に行く場合があります。命の危険など緊急を要する場合は、飼い主の気が動転してしまって、問診票に書くべきことを忘れがちです。そこで、ペット名刺に犬の情報を記載しておくと便利です。犬種や名前、生年月日だけでなく、病歴など記入しておくと初診であっても治療がスムーズです

また、犬にも食物アレルギーもしくは食物アレルギーの可能性があるとされています。そして、ワクチンなどのアレルギーがある場合もあります。事前に愛犬のアレルギーなどがわかっているようでしたら記載しておくと、薬や注射などのアナフィラキシーショックなどで命を落とすリスクも減らせますので安心です。そして、ペット名刺に病歴やアレルギーの記載しておくと、ペットホテルなどに犬を預けるときも安心です。なにか起こった時、飼い主の代わりに犬を病院へ連れていくことになる時にも名刺を渡せば、診察もスムーズです。